船橋駅徒歩3分。船橋・市川エリア。債務整理・任意整理・過払い金返還の相談。千葉県弁護士会 弁護士 茅山 糧也。弁護士法人船橋中央法律事務所

自己破産手続とは

自己破産手続とは、多額の借金により支払い不能に陥った人が、裁判所に破産宣告を求める申立てをし、換価可能な財産については裁判所から選任された破産管財人が債権者に平等に配当する形で返済し、残った債務については免責によって債務者を救済する手続です。免責が確定すれば借金の支払義務がなくなることが、自己破産手続の最大のメリットです。
もっとも、現実の破産事件では債務者に換価可能な財産がないことも多く、その場合には破産宣告と同時に破産手続の廃止決定がなされ、その後免責手続きがなされます。免責の決定を受けると、やはり借金の支払義務が消滅します。
自己破産手続は、借金の返済に行き詰まった方に対し、生活の再建・建て直しと再出発の機会を与えるという、国が法律で認めた救済手段です。

自己破産のデメリットとは?

マイホーム等資産価値の高いものは、原則として手放すことになります。
免責を受けるまでの間は保険代理業、警備員等一定の職業に就けなくなります。また弁護士、宅地建物取引主任者等、一定の資格について資格制限があります。
官報に掲載されます。官報(国が発行する機関誌)に破産の手続きをした日時と住所・氏名、手続きをした裁判所等が記載されますもっとも、一般の人が官報を見る機会はほとんどなく、破産したことを周囲に知られることはほとんどありません。

自己破産手続にまつわる疑問・不安 

以下では、多くの方が疑問、不安に思われることをQ&Aにまとめました。その他ご不明な点がございましたら、弁護士までご相談ください。
自己破産したことが戸籍や住民票に載ったりしますか?また、選挙権は制限されますか?
  不安に思われる方が多いのですが、そのような事実は一切ありません。
自己破産して家族に請求が行かないか心配です・・・
  ご家族が連帯保証人になっていない限り、自己破産をしてもご家族に請求が行くことはありません。もしもご家族が連帯保証人になっている場合には、仮にあなた(主債務者)が自己破産手続等を行い、免責を受けたとしても、その効果は保証人には及びません。保証人への請求を避けるためには、任意整理等の方法によりあなた自身が借金を支払うか、保証人の方も併せて自己破産手続き等、債務整理手続きを行う必要があります。いずれにしても慎重に手続を進める必要がありますので、ご相談ください。
自己破産すると銀行取引が出来なくなると聞いたのですが・・・
  自己破産しても預金をしたり公共料金の引き落としなどの取引などは通常通りできます。ただし、給与の振込先の金融機関に対して借金があるような場合には注意が必要です。もしその口座に給与が振込まれますと、金融機関があなたに対する請求権と振り込まれた給与とを相殺してしまう可能性があり、その結果預金を引き出すことが出来なくなる恐れがあります。よって債権者の口座を給与の振込先に指定している場合は、弁護士が受任通知を送付する前に振込先を変更することが必要になります。詳しくは弁護士に直接お問い合わせください。
自己破産なんかしたらサラ金から嫌がらせをされないか心配です・・・
  自己破産は法が定めた手続です。手続きに沿って免責決定を得れば、一切の債務の支払義務がなくなります。もちろんそれに対し業者からの嫌がらせ等はありません。
やはり借りたお金は返さないといけないと思うのですが・・・
  繰り返しになりますが、自己破産手続は法が認めた救済手段です。手続を行うことに躊躇する必要はないと断言できます。自己破産に伴うデメリットは確かに存在しますが、戸籍や住民票に記載されることもなく、原則として配偶者や子供への影響もありません。また選挙権が制限されることもなく、手続き後の旅行や転居等も基本的に自由です。その他不安な点がございましたら、どのようなことでもご質問ください。